【開催レポート】ワークブック「子育てと政治をつないだら」発行記念ワークショップ

こんにちは。KURASOU.の藤岡です。

昨年12月にお知らせしていた、2018年度の公益財団法人福武教育文化振興財団の教育活動助成を受け、NPO法人YouthCreateとともに共同で作成している本ワークブックの完成を受けて、
2月23日(土)、KURASOU.主催でワークブックお披露目のワークショップを開催しました。


都内近郊にお住いの育児期の男女や、教育・保育関係の方たちが集まりました。

当日は、最初にKURASOU.の藤岡から、育児期がきっかけで政治に興味をもつ男女の割合のお話や、
ハンドブック、そして今回のワークブックを作った背景についてお話ししました。

その後、NPO法人YouthCreateさんから、高校などへの出前授業についての活動紹介をしていただいた後、


ワークブック内「実践者インタビュー」に掲載させて頂いたお二人にそれぞれKURASOU.メンバーがインタビューしていきました。
お一人目にインタビューさせてもらったのは、白井さん。


学生時代に東欧や社会の流れについて興味を持ち学んでいたにも関わらず、仕事が始まると、
自分の学びが目の前の暮らしと結びつかないというジレンマを抱えていたといいます。
2014年7月、KURASOU.のワークショップ(シネマダイアログ)に参加したことをきっかけに、
社会に起きていることと自分の暮らしごとの結びつきを強めるため、
住民同士の交流が盛んな地域に越し、その団地での活動について、等身大の話をしてくださいました。

決して無理をせず、自分が一番興味のある(白井さんの場合は、自主映画上映だそう。素敵ですよね。)
きっかけをつくり、団地内、地域の人たちとの関わりを楽しんでいらっしゃる様子が印象的でした。

続いては、NPO法人YouthCreateの取り組みの一つとして、OyaCafeを開催し、さらに今年一般社団法人DAKKOを立ち上げる、横張さん。

社会科、特に公民などの暗記が得意で大学に入学した、という横張さん。
せっかくだから、と政治家の事務所でのインターンシップを経験し、政治家とともに様々な現場や、
職業、そして年齢層と話をしてきたにも関わらず、子育て世代とは全く出会うことができなかったといいます。
縁が繋がり、岡山県の子育て広場でのボランティア活動などを通じ、子育てにまつわる様々な課題を分析し、子育て世代が政治家に「意識される」ことがもっと必要だと、気持ちを込めて伝えていただきました。
そして、子の自己肯定感を高める取り組みをこれから本格化させていきたい、という話をしてくださいました。

最後に、参加した方達同士のクロストーク。
ワークブックや資料に書き込みつつ、話を受けての関心ごとや、これからやってみたいことなど含め、
話が始まっていきました。

それぞれのクロストークでの内容を全体に発表していただきましたが、
主催者の私たちよりも、参加者同士で意見を交換しあったりと、時に笑いあり、とても賑やかなクロストークとなりました。

最後にみなさんとハンドブック、ワークブックをもち記念撮影。
ご参加くださった方、本当にありがとうございました。

ご購入は、こちらからどうぞ。

「子育てと政治をつないだら ワークブック」が完成しました!

(KURASOU.藤岡)